レクサス車空気圧センサー(TPMS)登録サービス

秋山タイヤでは空気圧センサーのID登録が可能

レクサス車にはパンクを感知する空気圧センサー(TPMS)がタイヤに標準装着されてます。
スタッドレスタイヤ等でタイヤホイールを交換する場合、空気圧センサーもそのタイヤ用に新しく装着しなければなりません。

秋山タイヤでは、レクサス純正空気圧センサーの販売、取り付け、登録、全ての作業を行います。

もし他店で購入されて登録がお済でないお客様も当店にて登録作業を行いますので、お気軽にご相談下さい。


レクサス純正空気圧センサー1台分+登録 ¥45,000(税込)

登録のみ 1台分¥8,640(税込)

 


TPMSについて

そもそもTPMSとは

主にバルブに装着する形で空気圧センサーが内蔵されており、その情報を電波で車両へ送信することでタイヤの内圧を監視するシステムです。空気圧の異常低下を警告表示するだけのものから、警告表示に加えて常時空気圧をモニター監視できるものまであり、パンクの早期発見などに役立ってくれます。

 

TPMSセンサーID登録が必要なケース

他のセンサーと誤認識しないため、もともと装着しているセンサーIDが車両側に登録されています。センサーが変わればお車側のコンピューターにも新たなセンサーの情報を登録しなければ機能しません。
➀センサーを交換した場合
➁スタッドレスタイヤなど別のホイールセットの取り付けに伴い、別のセンサーをセットした場合

故障などで1つだけ交換した場合も全てのセンサーの再登録が必要になります。

TPMSセンサー交換の必要性

センサーには電池が内蔵されており、例えばトヨタは電池寿命を5年としています。そこで電池寿命が切れる前の定期的な交換が推奨されます。センサーはタイヤ内部に設置されているためタイヤ交換のタイミングでついでの交換を行うと費用も抑えられるためお勧めです。